2007年08月23日

戦場の、胸キュン。(Forbidden Mune-Kyun)

KimiNiMuneKyun.jpgFuryo.jpg


YMO
君に、胸キュン。 」
坂本龍一戦場のメリークリスマス (Merry Christmas Mr.Lawrence) 」

meganeさんの真似して原曲へのリンクを張ってみました。
オリジナルへのリスペクトを感じてもらえれば幸いです。
が、あいにくと(ry



腐女子の皆さんもたまには押してね。

C:\Documents and Settings\daihyo-22119\fXNgbv\banner_01.gif 
posted by 山本ニュー2 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(1) | テクノポップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

Da Da Da Bamba

DaDaDa.jpgLaBamba.jpg


Trio
Da Da Da
Los LobosLa Bamba

Da Da Da:
 愛すべきすっとぼけ系ノイエ・ドイチェ・ヴェレ(ジャーマン・ニューウェーブ)・クラシック。日本が世界に誇るカシオ・キーボードがここまで活躍するのは「ダーダーダー」か「スレンテン」かっちゅうくらいのもんで。
 そしてPVがこれまた脱力。
 ちなみに、日本盤7インチのジャケットは赤ちゃんのイラストでした。「だーだーだぁー」ってなもんで。

La Bamba:
 オリジナルはリッチー・ヴァレンスで、彼の生涯を描いた同名伝記映画の主題歌をロス・ロボスが務めた。
 60年代にテイチクから発売された「オン・ザ・ロック」というラテン歌謡がまんま「ラ・バンバ」だった記憶があるのだが、歌ってたのは誰だったか。小宮あけみ?

いい具合に力が抜けたら押してね。

C:\Documents and Settings\daihyo-22119\fXNgbv\banner_01.gif
posted by 山本ニュー2 at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノポップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

続・ベティ・ブーの悲劇 (Betty Killed The Radio Star )

Buggles.jpgWhereAreYouBaby.jpg


The Buggles
ラジオ・スターの悲劇 ( Video Killed The Radio Star ) 」
Betty Boo "Where Are You Baby? "

前編はこちら

ラジオ・スターの悲劇:
FGTHのプロデューサー、トレバー・ホーンの出世作。彼らの1stアルバムを評して「ここに収録された全ての曲に、孤独なメガネくんが登場する」と看破したのは、『God Save The すげこまくん』などで知られるナード漫画家兼メガネ男子愛好の先駆者、永野のりこ氏でありました。

Where Are You Baby?:
なんで私がベティ・ブー大好きなのか、たった今分かったよ。
永野のりこ描くところのマッドサイエンティストにいいように弄ばれるかわいそーなボブカットの女性達。
その実写版がブー姐さんだったんだ。

デイジーに見捨てられないように押してね。

C:\Documents and Settings\daihyo-22119\fXNgbv\banner_01.gif

posted by 山本ニュー2 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノポップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

25時のモデル (Das Model de 25 O'Clock)

model.jpg25oclock.jpg

 
Kraftwerk "Das Model"
The Dukes of Stratosphear "25 O'Clock"
 
The Dukes of Stratosphear "25 O'Clock" :
 ザ・コレクターズの加藤ヒサシが深夜ラジオで紹介したのを聴いたのが初めてのデュークスとの出会い。タイトルにかけて25時(=深夜1時)きっかりにオンエアしてましたっけ。
 コンピ『ナゲッツ』から60年代サイケに目覚めていた私は乏しい情報を頼りにCDショップを探しに探し、遂に見つけてみると、なんとそれは60年代のバンドではなく、あのXTCの変名であったことを知るのでした。当初イギリスでも「60年代の知られざるサイケバンドの未発表音源を発掘!」という嘘っぱちのコピーが信じられていたようなので、素人の私が騙されても仕方あるまい。
 マイホワイトバイセコーなガレージポップから始まり、サージェントペパーズなポップサイケを経て、スマイリースマイルなハーモニーに至るサイケデリックの歴史を全曲オリジナルで成し遂げたデュークスは偉い。ビートルズの結成から解散までをフェイクなオリジナルの数々で再現したラトルズと同じくらい偉い。
 
【豆情報】

コレクターズの「まぼろしのパレード」はあからさまに「25O'Clock」を意識していて大変素晴らしい。
「25O'Clock」のさらに元ネタであるドアーズへのオマージュもちょっとあるかも。

これがサイケデリックテクノってやつかと納得したら押してね。

C:\Documents and Settings\daihyo-22119\fXNgbv\banner_01.gif
posted by 山本ニュー2 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノポップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。